Josie’s Blog6

My FanGirling Journey

Way back 2018 when I knew this Japanese guy because of his viral video on facebook. He sang a Filipino song and got a million views. Many Filipino’s amused him because he was eager to sing using our own language. Starting that day, I subscribed him to his youtube channel. I was amazed because all of his content was about the Philippines such as foods, places etc. As we all know these days, many people are obsessed with K-Pop and I didn’t understand before why they were so much addicted to it not until I met this guy. There were no days that I watched his vlog. I found out on his vlog that he wanted to become a bridge between Japan and the Philippines and that’s the reason why I admire him. There was one vlog of him that he auditioned for in a Filipino reality game show called “Pinoy Big Brother”. 

It is the Philipine version of the Big Brother franchise. They live in a house for a certain number of days and do their weekly tasks and daily challenges. There is an elimination process through voting. I’ve been a fan of that show since I was elementary and in January 2019 was their 8th season. When that show aired, they introduced who the “housemates” were and I was happy because Fumiya took part in that show. It was hard to be part of that show because you had to audition with many people. It was the first in the history of PBB (Pinoy Big Brother) that there was a pure Japanese housemate because most were half-Filipino and half Japanese.

When the show started to air on Philippine TV, I watched it every night just not to miss the episode. I joined a fan club here in Cebu. It was fun because you would meet new people.  That was one of the reasons I went to Manila to see the Big Night. It was a live grand finale event on that show and there were eight finalists. People chose through voting who will be the Big 4 and the Big winner. Unfortunately, Fumiya was in fifth place and his fans were sad because they expected that he would be part of the Big 4. Even though my bias was not part of that place, I was still happy that I had a chance to witness the Big Night.  

August 24, 2019 the unforgettable day of my life. There was an event called “MEET & GREET” for the fans of Fumiya. Since I joined a fan club, it was not hard for me, especially since my expenses were free so I flew to Manila again and I was the one who represented our fan club.

As soon as I arrived at the event, the host introduced each fan club. There were fun activities such as games, and of course the photo op or “photograph opportunity”. That time I would probably say that I was very lucky among other fan clubs because all of them were in-groups but in my case, it was only Fumiya and me. The host gave me a chance. I didn’t know what to react so I just stayed calm but inside of me wanted to scream. I introduced myself to him, we shook hands, and lastly was the picture taken. I could hear other fans screaming because they felt envy of me 😀 

I have realized why there are some people who are obsessed with their idols and I understand now the feeling of being a fangirl. 


私のファンとしての旅路

私がこの日本人の男性を知ったのは、2018年にさかのぼります。 彼はフィリピンの歌を歌い、フェイスブックで100万回の再生回数を記録していました。 彼は私たちの母国語を使って歌おうとしていたので、多くのフィリピン人が彼を面白がらせました。 その日から、私は彼のyoutubeチャンネルを登録しました。 彼のコンテンツのすべてが、食べ物や場所など、フィリピンに関するものだったので、私は驚きました。最近よく知られているように、多くの人がK-Popに夢中になっています。なぜ注目を集めていなかったのか、以前は理解できませんでした。 それまで私が彼のvlogを見たことはありませんでしたが、 vlogの中で彼が日本とフィリピンの架け橋になりたいと思っていたことがわかりました。それが彼を尊敬する理由です。彼が「ピノイビッグブラザー」と呼ばれるフィリピンのリアリティゲームショーでオーディションを受けたことを描いてる1つのvlogがありました。

それはビッグブラザーフランチャイズのフィリピン版です。 彼らは家に一定の日数住み、毎週のタスクなをしますが、投票による脱落していくプロセスがあります。 私は小学生の頃からその番組のファンで、2019年1月は8シーズン目でした。 そのショーが放映されたとき「ハウスメイト」が誰であるかが紹介されていました。そして、フミヤがそのショーに参加したいたので嬉しかったです。 多くの人とオーディションを受けなければならないので、そのショーに参加するのは大変です。 ほとんどがフィリピン人と日本人の半分だったので、純粋な日本人の同居人がいたのは、PBB(ピノイビッグブラザー)の歴史の中で初めてのことでした。

番組がフィリピンのテレビで放映され始めたとき、見逃さないように毎晩それを見ていました。 セブのファンクラブに参加しました。そこで新しい人と出会えたことは楽しかったです。それが私がビッグナイトを見にマニラに行った理由の一つでした。 それはそのショーのライブグランドフィナーレイベントであり、8人のファイナリストがいました。投票を通じて、誰がビッグ4になり優勝者になるかを決めていました。 残念ながら、フミヤは5位で、ファンは彼がビッグ4の一部になることを期待していたので残念でしたが、ビッグナイトを目にする機会に巡り会えたことが何よりも嬉しかったです。

2019年8月24日は、私の人生にとって忘れられない日となりました。 ふみやファンを対象に「MEET&GREET」というイベントがあったのです。 私はファンクラブに参加して以来、費用が無料だったので、加入し続けるのは難しいことではありませんでした。それで私は再びマニラに行ったのです。

私がイベントに到着するとすぐに、主催者は各ファンクラブを紹介しました。 ゲームなどの楽しいアクティビティ、そして撮影会がありました。 その時、他のファンクラブの人たちは団体でしたが、私の場合はフミヤと私だけでした。 主催者側は私にチャンスをくれました。 どう反応したらいいのかわからなかったので冷静を装っていましたが、心の中では悲鳴を上げたかったです笑。 彼に自己紹介をして、握手し、最後に写真を撮りました。 他のファンが私を羨ましがっていたのでしょう、叫び声が聞こえました。

わたしはこの経験を通じて、アイドルに夢中になっている人たちがいる理由を実感し、ファンガールの気持ちがわかりました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.