Arian’s Blog3

Balamban’s gorgeous flower garden

If you’ve had a very busy week and you want to get away from it all, the town of Balamban has the perfect spot for you.

Last weekend, my friend and I visited Buwakan ni Alejandra, the Balamban’s gorgeous flower garden.

Why it was called Buwakan ni Alejandra?

The name “Buwakan ni Alejandra” (Alejandra’s Flower Farm) was derived from the Visayan word “buwak” which means “flower” and Alejandra is the name of the mother-in-law of the owner and landscaper, Eleuterio Gatapa. The name was given in honor of Alejandra’s love for flowers.

The flower garden covers an area of 700 square meters and there are 200 varieties of local plants found in the garden. It is basically one big flower garden.

At the entrance, a friendly young man gave me a brief introduction of Buwakan ni Alejandra along with new safety guidelines to ensure guests have fun and safe time.

Usually, visitors head to the “Alejandra” sign to get their photos taken. So, we got our signature photo.

I wandered around Buwakan ni Alejandra to enjoy the fresh scent of its flowers and also breathed in the fresh cold and refreshing mountain air. If you want to know the name of a certain plant, just ask them and they would be more than willing to give you the answer. I found Buwakan ni Alejandra fairly beautiful and charming.

The mountain scenery is so captivating. With fresh breeze and cool climate, I enjoyed every minute in Buwakan ni Alejandra.

Immovable bicycles, they have it too.There are other quirky flowers that I’ve never seen before, such as this one.There is a designated trail for visitors to walk around when they explore the flower garden. Picking the flowers is strictly prohibited. The best time for you to visit the Buwakan ni Alejandra is in the morning when it is not yet too hot. It is just one of the places in Cebu where you can literally stop and smell the roses, or any other flower you can find in the garden.


バランバンの豪華なフラワーガーデン

忙しい1週間を過ごしたあとに、そのすべてから逃れたい場合はバランバンの町が最適です。

先週末に友人とバランバンの豪華なフラワーガーデンであるブワカンニアレハンドラを訪れました。
なぜブワカンニアレハンドラと呼ばれるのかわかりますか?

「ブワカンニアレハンドラ」という名前は、「花」を意味するビサヤ語の「ブワク」に由来しています。アレハンドラは、所有者で造園家のエレウテリオガタパの義母の名前です。 この名前は、アレハンドラの花への愛情に敬意を表して付けられたとされています。

このフラワーガーデンは700平方メートルの広さがあり、庭には200種類のローカル産の植物があります。 基本的には一つの大きな花畑になっています。

入り口付近で、フレンドリーな青年がブワカン・ニ・アレハンドラの簡単な紹介と、訪れた人が楽しく安全な時間を過ごせるようにするためのガイドラインについて説明してくれました。

ここに訪れるひとのほとんどが写真を撮るために「アレハンドラ」の看板に向かいます。 そこで写真を取りました。

私はブワカンニアレハンドラをまわりながら、花の新鮮な香りを楽しみ、さわやかな山の空気を吸いながら過ごしました。 特定の植物の名前を知りたい場合は、スタッフに尋ねるだけで、答えを教えてくれます。

ブワカンニアレハンドラはかなり美しく魅力的だと思いました。

山の景色もとても魅力的で、さわやかなそよ風と涼しい気候も合わさりいい時間を過ごすことができました。

園内には動かせないタイプの自転車やこれまでに見たことのない風変わりな花もあります。花畑を散策する際に散策できる専用列車などもあります。 花を摘むことは固く禁じられていますのでご注意を。
ブワカンニアレハンドラを訪れるのに最適な時期は、暑すぎない朝の時間帯がいいでしょう。 セブで、バラや他の花の匂いを感じることができる場所の1つとしておすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published.