Kim’s Blog3

THE BOND OF THE TRUEST FRIENDS

True friends never apart. Maybe in distance, but never in heart. Close friends can understand as somebody you can talk to, but true friends stay closer forever and never ever gonna leave you!

Over the years we’ve met different people and be part of our lives as friends but not all of them stay forever. They have some reasons and you have some reasons. It’s just part of our lives that somebody will come and somebody will go. Some of them have their own will and family and then we lose contact. Some of them have hectic schedules and don’t have time to keep in touch. However, if they are really true friends no matter what the situation is, they will always be there for you.

Despite the situation I’ve been through my friends would always be there and helped me get over it. I was in a hopeless situation but they encouraged and supported me to get what I wanted to, so I wouldn’t have been here without them. I could say that no one can belittle the power of friendship and the bond of the truest friends. I wouldn’t say this if I haven’t experienced it. I always remember the first time we had a picnic in the park with the budget pack foods. We played badminton, went to areas where there is forest and took picture every pose that we wanted to. It was really simple bonding but we cherished every moment and had a great time together. As time goes by we have our own path to take but we still have this bond that stretches but never cut off

A strong bond of friendship doesn’t always need togetherness as long as they live in your heart forever and never tear apart.


真の友情の絆

本当の友達というものは、決して皆さんの元を離れないのではないでしょうか?
単なる親しい友人はあなたが会話することができる人として認識されますが、真の友人というものは永遠に私達のそばにいて、離れることはありません!

人生の中で私たちはさまざまな人々と出会い、友達とか関わることになりますが、すべての人が永遠に残るわけではありません。 お互いに色々な理由があります。 誰かと仲良くなって、誰かが去っていくのは日常的なことでしょう。 忙しい日々を過ごしていたり、連絡を取り合う時間がないことが原因で疎遠になることもあります。 しかし、彼らがどんな状況であっても真の友達なら、いつでもその友達は皆さんのそばにいることでしょう。

わたしの場合、友達がいつも私は絶望的な状況に出くわしたときに助けてくれます。私のことをいつも励まし、支えてくれました。私はそれらの友達なしではここにいなかったと思います。
友情の力と真の友だちとしての絆を軽視することはできないと思います。実際にわたしがこのようなことを経験したことがあるので言えることです。

公園で初めてバジェットパックの食べ物を持ってピクニックをしたときのことをいつも覚えています。 バドミントンをしたり、森林で写真を撮ったりしました。
とてもシンプルな絆と言えるかもしれませんが、一瞬一瞬を大切にし、一緒に楽しい時間を過ごしました。 時が経つにつれ、それぞれの道を歩んではいますが、それでも友情の絆は途切れてはいません。

強い友情の絆は、必ずしも一体感を必要とするものではなく、それぞれの心の中にあるものだと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published.