“シラオガーデン”

Yani’s Blog5

Sirao Garden in Busay

The road to Busay is now a smooth path to travel on brought about by the good implementation of infrastructure projects of the government.  It is convenient and relaxing.  It took us less than an hour to reach the place that has now gained popularity by word of mouth and in the social media the Sirao Garden also known as the Little Amsterdam or the Mini Holland of Cebu. This beautiful garden is located in a mountain barangay just a few minutes from JY, Lahug, Cebu City.  

To be honest, getting there is not a walk in the park if you are planning on commuting. So I would really recommend renting a taxi or private car if you plan on doing a DIY tour. There are also some travel agencies you can book for tours, just like we did. It’s included in our City Tour and Mountain Tour. 

I am so excited to share about this spot again because they recently opened the Sirao Pictorial Garden and Camping Site (PGCS). Located just beside the original Sirao Flower Garden. Now, I have another good reason to visit this place again. 

This place may not be new anymore to you as numerous photos of these flames of flowers hit social media for quite a time now. But as always, my curiosity will always haunt me. My eagerness to visit the place has consumed. 

They also sell the celosia flowers if you’d like to take a souvenir of your trip home, a batch of freshly picked ones would cost at around P100-150. There are actually flowers growing outside of the farms, just beside the row of stalls that sell souvenirs, food and the like. Although I don’t advise getting these as they may still be part of someone’s property, it’s a nice choice if you just want to save a bit of money and observe the flowers instead of paying to go inside to see them. But of course, the winning part of the farms are the views of what lies beyond.


ブサイへの道は、政府によってインフラを整えるプロジェクトが行われたことで、道のりがスムーズでした。 便利でリラックスできます。 今では、口コミで人気となっている場所や、SNSではリトルアムステルダムまたは、セブのミニオランダとしても知られるシラオガーデンにたどり着くまでに1時間もかかりませんでした。 この美しい庭園は、セブ市ラハグのJYからわずか数分の山のバランガイにあります。

シラオガーデンには歩いてはいけません。 ツアーを計画しているのであれば、タクシーや車を借りることをお勧めします。 私たちと同じように、ツアーを予約できる旅行代理店もいくつかあります。 シティツアーとマウンテンツアーに含まれています。

最近シラオ絵画庭園とキャンプ場(PGCS)がオープンしたので、私はこのスポットについて再び共有することにとても興奮しています。 オリジナルのシラオフラワーガーデンのすぐ横にあります。 今、私はこの場所を再び訪れたいと思う理由があります。

これらの花の炎の形をした写真は、かなり長いことSNS上でヒットしているので、もしかしたら目新しいものではないかもしれません。 でもわたしはいつでもこの場所にもう一度訪れたいという思いにしてくれます。

旅行のお土産を家に持ち帰りたい場合は、ケイトウの花も販売しています。採れたてのものをまとめると、100〜150ペソ程度の費用がかかります。 お土産や食べ物などを売る屋台の列のすぐ横には、花が咲いています。 誰かの所有物かもしれないので、勝手に手に取ることはオススメしませんが、お金を払って花を見るためにお金を払うのではなく、少しお金を節約して花をみたい場合は良い選択です。

Leave a Reply

Your email address will not be published.