“私の方法でやらせて!”(講師ブログ)

Jovit’s Blog9

“Let me do it my way”

C:\Users\user\Pictures\types of disinfection.jpg

When I was little I often heard from grown-ups and saw on adverts that toilets are completely filthy, especially those in public places. When dropping a deuce anywhere, it has been a habit of mine to clean the bowl seat first before defecating. If there is soap available, I prefer using it rather than tidying the seat area with alcohol. I don’t know why I trust soaps over alcohol. 

This has been going on since those days when I was still naïve about life. 

Now that we are facing a pandemic outbreak, I am all the more careful in the toilet. I always remind myself not to touch anything inside and I make sure that I bring alcohol with me. 

I wake up earlier than the supposed time to get up every day, so that I still have time to wash my hands in the comfort room before entering the office. I am doing this because I believe that this is a practical way of protecting myself from the virus and this controls the spread of the virus. 

Sometimes I get so uncomfortable if I touch something while taking the bus. If I touch the seat or the glass window, I then spray some alcohol on my palm and rub it. I don’t know if this is only me doing these, but this is the only way I can protect myself from getting sick. 

How about you? 

Do you do the things I do?


自分のやり方でやらせて

私が小さい頃、特に公共の場所にあるトイレは汚いということをよく耳にし、広告でも見たことがあります。 昔から変わっていないことなので、排便する前に最初にシートを掃除するのが私の習慣でした。石鹸があれば、座席部分をアルコールで片付けるよりもいいですね。なぜアルコールよりも石鹸を頼るのかは自分自身でもわかりません。

これは、私がまだ人生についてナイーブだった頃から続いている習慣です。

パンデミックに直面している今、私はトイレでさらに注意を払っています。 内側には触れないように常に心がけていて、必ずアルコールを持参しています。

毎日予定の時間よりも早く起きているので、オフィスに入る前に手洗い場で手を洗う時間に余裕があります。これはウイルスから身を守るための実用的な方法であり、ウイルスの拡散を制御します。

また、バスに乗っているときに何かに触れると、とても不快になることがあります。 シートやガラス窓に触れてしまったときは、手のひらにアルコールをスプレーしてこすります。 これが私だけであるかどうかはわかりませんが、感染を防ぐ唯一の方法です。

皆さんはどうですか?同じようなことをしていますか?

Leave a Reply

Your email address will not be published.