Jovit’s Blog3

When things got rough!

It’s been two years since China corona virus 2019 outbreak and yet the universe still feel the aftermath. I wouldn’t like to lie in saying that everything has been smooth, because honest to goodness, I was in between staying on the lane of sanity or succumbing to insanity, when things was falling apart. That was how difficult accepting what was happening was.

I was so getting used to doing my daily routine that time, and just with no warning, the things that made me who I was slowly slipping through my grasp. I lost my job, and I had to say goodbye to the closest colleagues I had. Losing my job was like losing everything. I was so comfortable having that kind of life and I got pulled out away from it. 

It felt like the world was over.


中国から生まれたコロナウイルスが発生してから2年近くが経ちましたが、それでもまだ世界はその余波を感じています。

その間、すべてが順調だったとは言いたくありません。なぜなら、正直に言うと、あらゆる物事が崩壊しているときに、私は正気の道にとどまるか、狂気に屈するかの間にいたからです。

世界で起こっている出来事を受け入れるのがどれほど難しいかを痛感しています。

以前までは、日常生活を何の警告もなく、ゆっくりと過ごしていましが、コロナウイルスによって 仕事を失いました..

そして最も近い同僚の皆に別れを告げなければなりませんでした。 私にとって仕事を失うことは、すべてを失うようなものでした。
そんな同僚と一緒に生活をするのがとても快適だったことの証だと思います。

正直、世界が終わった、そんな風にも思いました。

Leave a Reply

Your email address will not be published.